おすすめの採用管理システム比較サイト

TOP > コラム > 企業の年間採用予算と採用管理システムの必要性

企業の年間採用予算と採用管理システムの必要性

 1年間に企業は平均300万円から500万円もの採用コストをかけていると言われています。非上場企業で約300万円前後、上場企業になるとその約3倍もの費用を採用コストにかけていると言われています。
 採用にあたって発生する費用は広告宣伝費が大きな割合を占めておりますが、その中に見えていない費用もおおく存在しております。
 求人広告を出すにあたっては、掲載文章や原稿作成・構成の時間や媒体を考える時間。求人が始まると応募対応、面接、選考時間や合否の連絡など、求人採用においてより良い人材を見つけるためにはとても大切な業務です。
 多くの予算と時間を費やして採用する人員です、失敗せず良い人材を獲得し育てていきたいはずです。


 しかしながら、採用活動にあたってはこれらの大切な業務を邪魔する、細かく非効率でムダな業務が多数発生します。
 アナログ管理をしていることによりデータ探しに時間がかかってしまったり、エクセルデータで管理されているものの、膨大な情報量のためにデータ管理が出来なくなってしまったり、データが細かいために採用連絡を見逃してしまったりと、データ探査作業に追われてしまいミスも多くなってきます。
 効率の悪い管理方法では、採用結果を分析しながら次に活かすことも出来ません。管理に時間をかけてしまっては、せっかく内定した人材が辞退することも考えられます。
 雑務を軽減し余裕をもって業務を行うことにより、面接や分析、魅力的な求人募集媒体の作成などに力を入れることができ、より良い人材を確保することが出来るはずです。


 採用管理システムは、採用するために多数発生する細かくムダな業務を削減し採用業務を円滑に行うためのツールです。
 メールを自動化し履歴書から応募者の選考状況を管理したり複数の応募サイトからの募集を一括管理など、パソコン1つあれば採用にかかわるデータを楽にすばやく把握することができます。
 すばやく状況を把握し分析や応募者とのコミュニケーションも取れるので、採用担当者の業務を圧縮することができるだけではなく、本来の目的である採用業務に力を入れることが出来ます。
 採用担当者がじっくりと応募者に向き合うことができるようになれば、応募者の内面や性格、考え方などもしっかりと分析でき、優秀で最適人員を確保できるはずです。優秀な人材は企業の大きな資産になります。
 「ムリ・ムダ・ムラ」のない業務で最大の効果を生み出すことができるはずです。

カテゴリー

▲ ページトップへ