おすすめの採用管理システム比較サイト

TOP > コラム > 採用管理システムの導入によるメリット

採用管理システムの導入によるメリット

 会社などの組織にとって、人材は経営上重要な人的資産です。このため、人事管理と採用管理が重要になります。
 人事管理においては、その社員の給与を決定し、どの部署に配属するかを決定するデータを管理することを指します。
 一方の採用管理は、応募してきた採用希望者の中から、会社が必要とする能力や資格を有する人材の雇用計画を管理することをいいます。
 人材が会社にとって如何に重要であるとはいえ、限りある人件費を有効に使うためには、採用の段階で優秀な人材を獲得することが重要です。
 人材を採用するためには、求人広告を出したり、ハローワークに求人票を掲載したり、会社セミナー等の実施、書類選考、面接等が必要となります。
 多様な人材を求めるためには、人材紹介会社、自社採用ホームページ、Web媒体、新聞折り込広告など、求人チャネルは多角化する必要があります。
 チャネルを拡大すればするほど、優秀な人材の確保につながりやすくなる反面、その管理が煩雑になってしまいます。


 採用業務には、採用担当者にかなりの負担がかかりますし、採用までに時間がかかると内定辞退となり、せっかくの人材を獲得し損ないます。
 面接の連絡やスケジュール調整などに追われ、面接に充てる時間が短くなってしまいます。このため、採用管理システムを導入して、採用手続を効率化し、コスト削減を図ることが重要です。
 採用管理システムでは、応募者データや採用状況データを簡単に一覧することができます。応募者データの管理、必要に応じたデータ抽出、メールの自動送付、状況把握時間の短縮などの効率化が進み、採用担当者の負担を軽減し、コスト削減になります。
 また、応募ルート別の採用状況や、応募者の経歴別の状況などの観点から、採用状況を多角的な角度から分析することができます。
 この分析を継続していくことで、自社に適した採用戦略の再構築ができますので、効果が薄い求人媒体への募集を止め、コスト削減が実現します。


 応募者は新卒者だけではありません。いわゆる第二新卒もいますし、中途採用による転職者もいます。
 このため、募集時期が異なったり、応募者の経歴も多種多様となりますので、それに応じた採用戦略が必要となります。
 利用した媒体の費用効果など、採用に係る費用を把握することができます。効果のある媒体の測定、内定辞退を差し引いた歩留り状況を把握することで、多岐に渡った求人チャネルの費用など採用コストの削減も実現できます。
 その結果を、次の採用に活かすために分析し、人事戦略の検討に活用することが不可欠です。

カテゴリー

▲ ページトップへ