faxdm代行

faxdm代行はどれくらい効果的なのか

faxdmを行う場合、自社で行うかfaxdm代行を行ってくれる専門業者に依頼するか、選択肢は2つあります。自社で行うと経費の削減が出来ると考えがちですが、実際にはfaxdm代行の専門業者を利用した方が宣伝効果も高いです。そのため、業者に依頼するにしてもメリット、デメリットがあるので、faxdmの仕組みを良く理解して依頼することが大切です。インターネットが普及した現在は、faxを保有している企業の数も少なくなってきているので、十分な効果が得られないのではと思われがちですが、需要を間違えなければ、現在でも十分通用するマーケティング方法です。ここでは、faxdmが向いている業種や、faxdm代行に依頼する場合のメリットやデメリットにどんなものがあるか詳しくお伝えいたします。是非参考にしてみて下さい。

faxdmが向いている業種について

faxdm代行に依頼する際に気を付ける事は、業種です。faxdmが向いている業種とそうでない業種がありますので、自社に合っているかどうかの吟味が必要です。faxdmが向いている有名な業種は病院、士業、エステ、飲食店、不動産、美容院などです。これらの業種では、もともとfaxを使っていることが多く、届いたfaxに目を通してくれることが多いです。また、こういった業種は従業員が少ないため、経営者に届き易いです。ダイレクトマーケティングで、重要な事は伝えたい人材に届くかどうかが大きなポイントです。その点においては反応率が高いと言えます。また現代では仕事でパソコンを使う事が多いですが、紙媒体の扱いに慣れている印刷業や不動産関係、建設業などは、faxだけでなく、郵送によるダイレクトマーケティングは見てもらえるチャンスが高い業種です。

faxdm代行に依頼する時のメリット

faxdm代行を依頼する際のメリットは、faxの一斉送信サービスだけでなく、現行の作成、送付先のリストの提供、スケジュールに合わせた配信とクレーム対策を行ってくれることです。faxdmは1枚、もしくは数枚程度のモノクロの紙で相手にアプローチするために、限られた情報で最大限の効果を発揮できるようデザインを工夫しなければなりません。また、送付リストは自社で用意が出来ればそれを使用しますが、リストがない場合は業者が所有しているリストを一時的にレンタル、もしくは購入して使用することが出来るので、全くノウハウがなくても行うことが出来ます。送信日を指定しておけば、送信を忘れるといった心配もありません。faxdmは少なからずクレームが発生しますが、専門業者であればクレーム対策のノウハウがありますので、適切に処理してくれます。自社の商品が相手にマッチしているかを良く考えて検討して下さい。